コマンドライン パラメーター

起動パラメーターは、外部コマンドを使った、実行中の aeroTAP を一時停止したり、終了したりするための機能です。

また、Professional版では、自動機能などがコマンドライン パラメーターで利用できます。

aeroTAP ショートカットをUACを表示しないように変更する方法も参照してください。


aeroTAPでは、次の起動パラメーターが利用可能です。
オプション
内容
/M,  /m 複数の aeroTAP の起動を許可します。
通常、aeroTAP は、重複して起動することはできません。/M オプションにより、2つのカメラで操作するためのaeroTAP が起動できるようになります。
aeroTAP.exe /M

注意: aeroTAP のホットキーは、/M オプションで起動したaeroTAPでは無視されます。
/E 起動中の aeroTAP を終了します。
aeroTAP.exe /E
/Automation 設定画面なしで、前回の設定のまま起動します。(Professional 版のみ)
aeroTAP.exe /Automation

例: ショートカットを作成し、ショートカットファイルをStartupに登録します。
1. ショートカットを作成し、プロパティを編集します。
 

2. Win +X , ファイル名を指定して実行で、shell:startup を入力


3. スタートアップ フォルダーを開いたら、作成したショートカットをコピーします。

ヒント: 自動起動を利用する場合には、/w オプションも同時に利用することをお勧めします。Windowsの起動時には、タイミングによってはすべてのデバイス (USBデバイス)が初期化されていない場合があります。/w オプションで 待機時間を設定してください。

管理者権限のない版の aeroTAPna.exeを ご利用ください。

重要: aeroTAP.exe の自動起動時に aeroTAP 3D USBカメラの検出が必要です。通常 Windows 10の起動してデバイスすべての検出と初期化には時間が必要です。/Automation と同時に /w オプションで起動までの待機時間を設定してください。
例(20秒待機) : /Automation /W20


管理者権限のまま設定するには、「aeroTAP Evolutionを管理者権限のままスタートアップに登録する」を参照してください。
/Standby aeroTAP 3D USBカメラを接続していない状態で、かつ設定画面なしで、前回の設定のまま起動します。
aeroTAP 3D USBカメラを接続すると、そのまま、aeroTAPが利用できます。
aeroTAP.exe /Standby
/Wxx aeroTAP の起動を遅らせるためのコマンドオプションです。Windows起動時に/Automationや、/Standby オプションでaeroTAPを自動起動する場合には、システムのデバイスが完全に利用できる状態になるのを待つ必要があります。
/W10 を指定すると、10秒待機します。
aeroTAP.exe /W10 /Automation
/Xxxxx /Yxxxx マルチモニター環境で、aeroTAP を起動する際、どのモニター画面で起動するかを座標で指定できます。
(Professional版のみ)
通常は、プライマリ設定されたモニター上で開始されます。
例えば、Full HDモニターを2台左右に配置して、左側がプライマリの場合に、2番目のモニター画面で開始するには、/X1980 (プライマリ画面のサイズ、2nd画面の開始X座標 )を指定します。
2nd画面が上に配置している場合は、/Y-200 ( 0以下を指定  ) を指定することで、2ndモニターで開始することができます。
/Oleft,top,right,bottom aeroTAP のタッチレス操作領域を指定します。(Professional 版のみ)
left,top,right,bottom は、利用するディスプレイの解像度に合わせた領域を指定します。

/O オプションを使って、画面座標の左上座標( Left. top) と、右下座標( right, bottom ) 値を指定します。

この領域でのみ aeroTAP は操作が可能になります。
/Rxx aeroTAP Evolution開始前に、接続されたaeroTAP USBカメラの接続をリセットします。xxに値を設定することで、リトライ回数を変更可能。デフォルトは6
例:  /r8

/Automation での自動開始で aeroTAP USBカメラの初期化に失敗する場合に利用できます。

aeroTAP.exe /W10 /Automation /r

重要: /r オプションは、管理者権限で実行されている場合にのみ有効です。また、/rオプションは、64bit OSでは、64bit版、32bit OSでは、32Bit版でのみ有効です。

ヒント: aeroTAP.exe の起動には、管理者権限が必要です。/Automation や/Standby オプションを使って、Windows起動時にaeroTAPを開始するには、スタートアップではなく、タスクスケジューラを使って登録してください。


aeroTAP Evolutionを管理者権限のまま、スタートアップに登録する


aeroTAP.exe の起動には、管理者権限が必要です。

自動開始のためにスタートアップに登録するには、/NoAdmin フォルダーにある、管理者権限を必要としない版の aeroTAP を利用する方法が簡単です。

他の管理者権限を持つアプリケーションをタッチレス操作するには、管理者権限での実行が必要になります。

その場合、以下の手順で、タスクスケジューラに登録してください。

タスクスケジューラの起動

1. タスク スケジューラを起動し、[タスクの作成] を選択します。



タスクの作成画面が表示されます。[全般]タブで、名前aeroTAPを設定し、各設定を以下のように選択します。
[最上位の特権で実行する]をチェックします。


[トリガー]タブで「新規]ボタンをクリックします。
タスクの開始時[ログオン時] を選択、[特定のユーザー]をチェック
[操作]タブで、[新規]ボタンをクリック
「操作]で「プログラムの開始]を選択し、プログラムには、[参照]ボタンで、aeroTAP.exe を選択します。
引数には、/Automation /W10 を設定します。
[条件]タブで、すべてのチェックを解除します。
[設定]タブで、[タスクを要求時に実行する]のみをチェックします。
以上で、完了です。再起動して動作を確認してください。
また、さらに自動ログイン設定を行う際には、ここで選択したアカウントでの自動ログインを設定してください。

aeroTAP Evolutionショートカットを作成してUACなしで起動する

管理者権限付きの aeroTAP 実行する際、UAC による確認画面が表示されます。これを回避するためにタスクスケジューラを使ってショートカットを作成する方法について説明します。
1. タスクスケジューラを起動して、「タスクの作成...」を選択
2. 「全般」タブで任意の名前 (ここでは'aeroTAP'  ) でタスクを作成します。「最上位の特権で実行する」をチェックします。

3. 「操作」タブで「新規」クリックして、新しい操作を作成します。
4. プログラムに aeroTAP.exe を選択します。
5. 「条件」タブで「コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」のチェックを解除します。
6. 「設定」タブで「タスクを要求時に実行する」がチェックされていることを確認し、[OK]ボタンをクリックして保存します。
7. デスクトップ上に作成されている aeroTAP ショートカットを編集します。
下記のようにタスクスケジューラを登録します。