ScrollGesture.ini の設置 (仮想スクロールバー )

仮想スクロールバーは、ブラウザーや PDF などの画面スクロールが必要なアプリケーションにおいての片手でのスクロール操作を可能にするための機能です。
仮想スクロールバーには、縦スクロールと、横スクロールの 2種類があり、それぞれを定義することができます。

画面の任意の位置で、手を停止すると仮想スクロールバーが表示され、手を上下に移動することで上下のスクロール操作が、左右に移動することで左右のスクロール操作が行えます。

デフォルトでは、ブラウザーおよび Acrobat Reader でこの機能が利用できます。




操作方法

1. 目的のアプリケーションのウィンドウ上の任意の位置で手を停止します。

2. 仮想スクロールバーが表示されます。
  (停止した位置によっては、上または下のバーが表示されません)

3. 手のひらを上下に移動すると、画面がスクロールされます。

4. 手のひらを仮想スクロールバーから離れた位置に移動すると、仮想スクロールバーは消えます。スクロールバー中央からの距離によって、スクロールの速度が変化します。


操作のヒント: 仮想ボタン、仮想スクロールバーは、次の状態で、表示を解除できます。
1. 仮想ボタンの表示後、仮想カーソルの操作を3秒間以内に行わなかった場合
2. 仮想カーソルを仮想ボタンより離れた位置に移動した場合

一旦仮想ボタンの表示が解除されると、次に手の移動を停止しても仮想ボタンは表示されません。一旦、仮想カーソルの表示を解除(手のひらを見せない)し、 再度操作を行ってください。これは手を停止する毎に仮想ボタンが表示され、本来の操作の邪魔になることを回避するために機能です。
また、操作しているアプリケーションを切り替えた場合でも、仮想ボタン表示は再度有効になります。

表示例

ヒント: スクロールなどのアクションは、アクションキーによって割り当てます。

重要: [停止してクリック]モードの場合、仮想スクロールバーは利用できません。


ScrollGesture.ini の設置場所

ScrollGesture.ini は、C:\ProgramData\aeroTAP フォルダー、または aeroTAP.exe と同じフォルダーに設定します。

注意: C:\ProgramData\aeroTAP フォルダーが優先されます。

ScrollGesture.iniの設定方法

記述書式
[アプリケーション実行ファイル名:ウィンドウ名,ガイダンス文字]
(有効範囲座標 left,top, right,bottom を 320x240 座標で指定)
スクロールアップ,スクロールダウン,左スクロール,右スクロール (インターバル)

ヒント: [アプリケーション実行ファイル名]に関しての補足は、[仮想ボタン設定のアプリケーション名]を参照してください。
ヒント: ウィンドウ名は、アプリケーションの特定の画面でのみ機能させる場合に指定します。
ヒント: ガイダンス文字は、同じアプリケーションで複数の機能を指定した場合に、ガイダンス文字を表示するために利用できます。
ヒント: 上下スクロールのみの場合は、104,105 と 2つの値を設定できます。
ヒント: インターバル の単位はmsで、省略可能です。 (100) を指定すると実行頻度は100ms毎になります。アプリケーションに合わせて調整してください。
ヒント: 有効座標を (30,0)-(280,0) の様に Top と Bottom を 0 にすると、Left>x および Right<x の位置で停止した場合に上下スクロールが表示されます。
デフォルトのブラウザー用の仮想スクロールバーがこのような定義になっています。
重要: 有効座標の指定行は、アクション行よりも前に指定してください。



例:
[GoogleEarth.exe]
(10,10)-(300,240)
104,105,0,0
[chrome.exe]
132,133 (100)
[chrome.exe,"ガイダンス"]
132,133,0,0 (100)
[chrome.exe:Webページ,"ガイダンス文字"]
132,133

有効範囲の指定

2行目の(10,10)-(300,240)は、仮想スクロールバーの表示が有効な範囲を指定しています。画面のほぼ全体で有効です。有効範囲は、 320x240の大きさを画面全体の大きさとして算出します。有効範囲は、画面上の特定の場所でのみ表示するために設定できます。


複数の仮想スクロールバーを設定する

アプリケーション名と仮想スクロールの組み合わせを複数定義することで、同じアプリケーション上に、領域を指定して複数の仮想スクロールを定義して使うことができます。

複数の仮想スクロール定義を設定した場合に、そのセットが何であるかをユーザーに判別できるようにするために、ボタン名を"ズーム"のように任意の名前で定義することで、仮想スクロールバーと共に名前を表示することができます。

以下の例では、ChromeからGoogle Earthを開いた画面で、画面左側にズーム用仮想スクロールバーを設定、画面下部に左右回転用のスクロールバーを設定しています。

補足: 同じウィンドウに対して最大4つの仮想スクロールボタンを定義できます。

例:

[Chrome.exe:Google Earth,"Zoom"]
(0,30)-(80,200)
181,182(200)
[Chrome.exe:Google Earth,"Left/Right"]
(80,180)-(290,240)
0,0,131,130



アクション番号

アクション番号の割り当ては、KeyActionList.exe を使って調べることができます。

仮想スクロールバー領域の視覚化

 [詳細設定]タブの[仮想ボタン領域の表示]オプションを有効にすることで、aeroTAP は、仮想スクロールバーの設定された領域を画面上に表示することができます。
仮想カーソルが定義された領域に移動することで表示されます。
また、アプリケーションを切り替えた際に、仮想ボタン(仮想スクロールバー、仮想ボタン、仮想マウス)のすべての領域を表示します。

例.  サンプルに含まれる Chrome 版 Google Earthの場合、下記の領域に仮想ボタンが設定されていることがわかります。