タッチレスインターフェイスなら、

様々なシーンで実証済み
aeroTAP(エアロタップ) Evolution!

aeroTAP (エアロタップ)とは

aeroTAP (エアロタップ)とは、「タッチレスインターフェイス」( aeroTAP Evolution )  と 「 3Dセンサー」( aeroTAP 3D カメラ )を総称したプロジェクトの呼び名です。 aeroTAP タッチレスインターフェイスは、これまでにない、触らないでコンピュータを操作するためのインターフェイス用にデザインされた入力インターフェイス システムです。
aeroTAP カメラは、ステレオビジョン方式の 3Dセンサーで、多くの新しい技術分野での利用が期待され、弊社ではそれらの用途への利用をサポートします。


aeroTAP (エアロタップ) タッチレスインターフェイス デザイン コンセプト

最小限のリソース消費

aeroTAP (エアロタップ)は、人と情報端末のインターフェイスを提供します。インターフェイスは、あくまで脇役で、主役はコンテンツ(アプリケーション)です。脇役としてコンピューターのCPUをはじめとするリソースの消費を最小限で、かつ効果的な性能を発揮できるようデザインしています。また、コンテンツの種類に応じた、ユーザーの直感的なタッチレス操作を提供します。

「Make it touchless with aeroTAP...」
タッチレス操作のために専用のアプリケーションを開発することなく、既存の使い慣れたアプリケーションをそのままタッチレスに移行できます。コンテンツの開発者は、自分の使い慣れた言語や開発環境でコンテンツを作成し、aeroTAP でタッチレス操作を行えます。

最近計測したCPU消費は、数年前よりも減少しつつ、かつ性能が上がっています。例えば、汎用Webカメラを使った場合、Intel i3 CPUで7%から12%、Intel i7 CPUでは、5%以下となっています。アイドル状態では、さらにIntel i3で5%程度。スティック PCやタブレットPCでも利用できます。

シンプルな操作とジェスチャ定義

マウスやキーボードの機能だけでなく、アプリケーションをよりシンプルで直感的に操作するためのインターフェイスアシスタント機能を提供します。

サイドイン ジェスチャ画面の上でのシンプルなジェスチャを使って、アプリケーションの終了や切り替え、特定のアプリの起動など自由に設定が可能です。
仮想ボタン画面の上に仮想ボタンを表示させ、特定のアクションを行うことで、より簡単にコンテンツ操作できます。
仮想スクロールバー画面の上に仮想スクロールバーを表示させ、スクロールや拡大縮小などの アクションを片手で操作できます。


>> デモなどのお問い合わせ

aeroTAP (エアロタップ) タッチレスインターフェイス利用ターゲット

触らずに、離れたままでのコンピューター操作が必要な環境に aeroTAPは最適です。

先端医療現場では、デジタル情報が活用され、情報の共有が重要になります。外科手術室のコンピューターを術者が直接アクセスすることを可能にします。
>> 医療現場での実例を見る

工場やプラントでは、作業者が汚れた手袋のままコンピューターアクセスしたり、コンピュータースペースを無くしたい(モニターのみ)することが可能です。

デジタルサイネージ、Kiosk端末では、公共の場所で多くの人がアクセスする端末を、クリーンに保つには、タッチレスインターフェイスが必要になります。
>> デジタルサイネージでの実例を見る

デジタルサイネージでは、ミラーディスプレイ、ホログラムなど最新の技術を使った出力方法を採用し、タッチレスでそれらをインタラクティブにすることを可能にします。
>> デジタルサイネージでの実例を見る

自動ドア、セキュリティドアをタッチレスで操作して、秘密裏に開閉することを可能にします。

aeroTAP 手のひらトラッキングエンジンを実装することで、新しいスマートデバイスを開発することを可能にします。


>> デモなどのお問い合わせ

aeroTAP 3D USB カメラ (ステレオ ビジョン方式 3Dセンサー )

ステレオビジョン方式の 3D センサーでは、深度計算、カラー画像と深度画像との同期とマッピング処理がモジュール内蔵の IC チップで処理されるため、CPU への負担がなく、シンプルな機構で構成できます。USB 2.0/3.0 パスパワーで接続が可能です。複数のセンサーを同時に接続することが可能です。

aeroTAP 3D USB カメラのステレオビジョン方式では、左右2つのカメラが完全に同期して撮像が行われ、深度マップを計算します。結果、深度画像とカラー画像も完全に同期し、深度画像とカラー画像のマッピング結果が得られます。

PDF aeroTAP 3D USB カメラ 日本語版カタログ

応用例 - 深度画像によるオブジェクト追跡

aeroTAP 3D USB カメラ ライブラリ(Windows OS) を提供します。USB 2.0 で利用でき、かつ深度画像640x480を 30 FPS で出力可能 2.5m以内にあるオブジェクトの矩形と重心位置(x,y,z)、および先端位置(x,y,z)を 60FPS でリアルタイムで計測できます。
50cm以内のオブジェクトは、さらに詳細な矩形と重心位置(x,y,z)および先端位置(x,y,z)を 60FPS リアルタイムで計測できます。

応用例 - 3D点群処理

aeroTAP 3D USB カメラからのカラー画像と、深度画像を取り込み、3D点群処理が簡単に行えます。 直接入手した深度画像からノイズを除去し 3D 表示

開発環境について

既存のアプリケーションをタッチレス化するには、aeroTAP Evolution (無料)を使えば、変更することなくタッチレス操作が可能になります。

aeroTAP 3D カメラを使った独自アプリケーションの開発は、aeroTAP SDK(無料)をご利用ください。

OpenNI2 互換のアプリケーションには、aeroTAP OpenNI2ドライバ(無料)をご利用ください。

アバターなどスケルトントラッキングには、NuiTrack for aeroTAP(エアロタップ)をご利用ください。

Linux( Ubuntu, Raspberry Pi2/3 )では、Linux SDKをご利用ください。


>> 開発環境について

aeroTAP 3D USBカメラ技術仕様

aeroTAP 3D USBカメラ ( 3cm ベースライン )
名称 aeroTAP 3D USBカメラ
製品番号 20160627-001A ( Type A )
20160627-001B ( Type B )
概観
インターフェイス USB2.0/3.0 USB3.0  MicroBメス端子
UVCビデオデバイス名 aeroTAP 3D USB Camera
ベンターID 株式会社ネクステッジテクノロジー
カメラヘッド部重量 24g
センサー解像度、サイズ 1280x800、1/4
視野角FOV (DEG) 63.2°(H), 42°(V), 71.4°(±3%)
FNO 2.8±5%
FEL(Effective Focal Length) 3.11mm
Mount Dimension M6 x P0.35 mm
TV-Distortion ≦ 1.5%
深度測定可能範囲 200mm ~ 3000mm
深度画像解像度 320x240、640x480、640x400 (広角ワイド*1) 8ビット
*1 別途カスタム注文にて可能
ステレオカラー画像解像度 620x240、1280x400、1280x480、2560x720 (左右イメージ)
消費電力 5V/500mA, 5V/600mA
レンズ種類 Type A (PID 100) IRカットフィルター付き
Type B (PID 101) IRカットフィルターなし
パッケージ内容
内容: カメラヘッド、カメラベース、1.5m USB3.0ケーブル、カード
総重量:214g
大きさ: 10cm x 10cm x 4.1cm
aeroTAP 3D USBカメラ GS ( 6cm ベースライン ) (2019年1月出荷開始しました。)
2次生産分の出荷を開始しました。ご注文をお申し込みください。
名称 aeroTAP 3D USBカメラ GS80
製品番号 20190123-001
20190123-001B ( DOE プロジェクター付き )
概観
インターフェイス USB2.0/3.0 USB3.0  MicroBメス端子
UVCビデオデバイス名 aeroTAP 3D GS USB Camera
ベンターID 株式会社ネクステッジテクノロジー
カメラヘッド部重量 43g
センサー解像度、サイズ 1280x960、1/3
FEL(Effective Focal Length) 2.03mm
FNO 2.0±5%
視野角FOV (DEG) 84.8°(H), 69.4°(V), 98.4°
TV-Distortion ≦ 1.0%
深度測定可能範囲 250mm ~ 4500mm
深度画像解像度 640x480、1280x720 最大14 ビット
ステレオカラー画像解像度 1280x480、2560x720、2560x960 (左右イメージ )
消費電力 5V/500mA、5V/800mA
レンズ種類 デュアルバンド IRカットフィルター付き ( 650±10nm, 850nm )

aeroTAP 3D USBカメラ vs aeroTAP3D USB GSカメラ比較

利用目的での違い
aeroTAP 3D USB 3cm ベースライン aeroTAP 3D USB GS 6cm ベースライン
USB2.0に接続して、IoTデバイスなどCPU消費の低いスマートデバイス向け USB3.0に接続して、より細かな深度データを必要とするスマートデバイス向け
aeroTAPタッチレスインターフェイス向け(1人) ゲーム、人数カウント、物体検出
*現在、aeroTAP 3D USB GSカメラは、aeroTAP タッチレスインターフェイスには、対応していません(予定)。

カメラ ベースの取り付けと取り外し

カメラヘッド部にカメラベースを取り付ける場合は、左のように、カメラベースを取り付けてから、「カチ」と鳴るまで、カメラベースを左にスライドしてください。
カメラヘッドを取り外す場合、カメラヘッド左下のボタンを押しながら、カメラベースを右にスライドして外します。
カメラヘッド下部には、三脚用のネジ穴があります。これを利用して任意のカメラ三脚に固定することができます。

重要: 初期ロットカメラの三脚ネジが規格と違うものが含まれていました。ネジ交換に対応いたしますので、カメラを弊社サポートまでお問い合わせください。

他社製品との比較

1台のPCで2つのカメラを起動して同じ対象物を同時に撮影したものです。
共にRAWデータ 1280x720 Depth Map
左がaeroTAP 3D GS、右がIntel D435iでの出力結果
カメラから1m程度離れた位置

ステレオカメラ用 aeroTAP レーザー ダイオード プロジェクター( 2019年 10月出荷開始)

aeroTAP 3D USBカメラをはじめとする、ステレオ視を使った計測カメラの精度を上げるためのオプションです。USB電源で利用できるコンパクトな赤外線プロジェクターです。
また、aeroTAP 3D GSカメラでは、内部GPOIにより電源をOn/Offすることができます。
低出力のレーザープロジェクターによりランダムドットを出力することで、安全にテクスチャーのない面、光の少ない場所での計測を可能にします。

解説:カメラから140cm離れた位置のホワイトボードを撮影( aeroTAP 3D USBカメラ Type B)。上はDOEプロジェクターオフ、下は照射時。均一な震度画像が得られている

Laser Wavelength830nm
DOEレンズ後出力150 mW
動作電流値330mA (出荷時 130mA)
動作範囲35 – 150cm
Zero order(#35cm,70mW 可視出力)<0.28 mW
ランダムドット数30K、縦横比 4:3
FOV(Diagonal)80
電源ソースUSB 2.0電源、またはaeroTAP 3D GSカメラ内GPIO (3V)
キットの内容:
  • aeroTAP DOEプロジェクター 本体
  • USB電源変換スイッチ
  • USBケーブル
ヘッド部分は、aeroTAP 3Dカメラヘッドへのヘッドマウント部分と切り離すことができます。
ねじ部分をナットにより他の部品に固定することができます。
重要: ヘッド部分とマウント部分は、接着剤にて固定されています。
重要: 改良による、機器の損傷については、自己責任にて行ってください。
USB電源変換スイッチは、分解することで、GPIOなど3V電源に直接接続して、制御することが可能です。
重要: コネクタ端子は、GPIOコネクタと互換ではないため、コネクタ部分を変更する必要があります。
重要: 改良による、機器の損傷については、自己責任にて行ってください。

aeroTAP DOEプロジェクター評価貸し出し用に関するお問い合わせ

写真ギャラリー